『厚み解析』 -最適な肉厚の検証-

 厚みの確認は製品の品質と製造性の両方に影響を与える重要な設計要素です。
 3DCaliperの厚み解析は、従来のスライス断面のような断片的な検証ではなく、部品内の全てのサーフェスを三次元的に調査し、肉厚の薄い部位(または厚過ぎる部位)を自動検出します。

『クリアランス解析』 -最適な部品間の隙を検証-

 部品間のクリアランス確認は、各部品の性能を最大限に生かすために不可欠です。
 クリアランス解析も厚み解析と同様にモデルの全サーフェスを調査し、適切な距離を保っていない部分を自動検出します。一対一の部品であっても、適切な距離ではない個所が複数あれば、複数の結果を検出することができます。
『クリアランス解析』結果

『形状比較』 -形状変更前後の差異を検証-

 製品開発プロセスにおいて、設計変更は頻繁に発生するものです。変更箇所を迅速かつ確実に把握することが必要です。
 形状比較解析は、モデル全体のサーフェスを調査し、差異を自動検出します。差異のある部位は画面上にピンポイントで表示され、解析結果はプラスマイナスの数値と色分けで表されます。

解析結果表示とレポート作成機能

 Creo Elements/Pro(旧称: Pro/ENGINEER)の画面上に解析結果を表示します。
 解析結果は部位毎に仕分けされてテーブルにリスト化され、画面上には距離毎のカラー分布が表示されます。また、測定値も確認することができます。
 各結果にステータスを付けて分類、注記を追加しモデル内に保存することが可能です。
 これらの解析結果は簡単な操作でPDFまたはHTML形式でレポートとして出力するこが可能です。
レポート出力結果