Function

 SMMCでは、2つのCADモデルに対して要素数、マスプロパティ情報の比較の他にジオメトリ差も比較できます。
 通常、データ変換モデルの精度を決定するための方法としてマスプロパティ情報の比較が挙げられます。この方法は2つのモデルの体積、重心、表面積、および慣性の情報の情報を提供します。
 しかしながら、マスプロパティ情報の比較は2つのモデルの総体的な差異はわかりますが、どこに差異が存在し、どのくらい、そして、どのように修正していいかはわかりません。
 SMMCでは、ピンポイントによるジオメトリ差を表示することにより、その後のモデル修正に役立ちます。
 また、オプションによってユーザの任意で許容値を設定することが可能です。
・要素数の比較
  ソリッド数
  サーフェス数
・マスプロパティ情報の比較
  体積差
  重心差
  表面積差
・ジオメトリ差の比較
  サーフェスの平均差と最大差
  エッジの平均差と最大差
機能その1

Operation

 SMMCは、ジオメトリでオリジナルのソースモデルと新たに作成されたターゲットモデルの違いを、 1) 検出、2) 報告、3) 表示 をすることができます。
 
 1) 検出は、ユーザ任意の許容値以内でのジオメトリ差異とマスプロパティ情報のカテゴリでの不一致の検出を行います。
 
 2) 報告は、それぞれの算出されたマスプパティ情報の数値をレポートします。
 
 3) 表示は、形状差異部分をCADモデル上に点で表示します。ガイドとしてこの表示された情報を利用することにより、非常に容易にターゲットモデルの変更を行うことができます。
 
機能その4
機能その4

使用方法 例1(CAD_A→データ修正ツール→CAD_B)

 CADモデルの修正ツールで修正(作成)したサーフェスがソースCADモデルと一致しているか確認するために使用することができます。
機能その2

使用方法 例2(CAD_A→CAD_A)

 設計変更が生じたとき、形状変更箇所がわからない場合、またある箇所を変更し、他の形状に影響を及ぼしていないか確認したい場合にSMMCを使用することで変更箇所の確認が容易に行えます。
機能その2
 SMMCで形状比較すると差異部分がハイライトされて容易に発見することが可能になります。
機能その2